基本政策指針

都民ファーストの視点で、
都民の幸せのためには何が必要かを考え行動していきます。

スポーツで暮らしに夢と幸せをを

東京オリンピック・パラリンピックのレガシー(遺産)を市民の手に

「日本人は幸せだと実感する人が少ない」という調査結果を見聞きします。この国は、経済的には豊かなはずなのに、治安が良く平和なはずなのに、教育レベルも高いはずなのに、なぜでしょうか。
かつてプロトライアスリートとして世界を転戦し、現在は市民スポーツを広めるために、トライアスロンやランニングのイベントを日本や世界の各地でプロデュースする中で、スポーツを日常で楽しむ人たちは総じて日々の幸せ感が高いと僕は気づきました。
スポーツのある日々、スポーツを楽しむ人生は、健康であるだけではなく、間違いなく夢があり幸せ感が高いのです。僕は全ての市民のみなさんと一緒に、東京オリンピック・パラリンピックを楽しみ夢を持てるよう支えていきたい。そしてそのレガシー(遺産)を市民スポーツに活かせるよう、力を尽くします。

<Do Action!Idea>

(1)大会の関連施設を都民が活かせる施策を提案していきます。

東京都は今、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けての準備・整備に全力を挙げていますが、現在の都議会にはスポーツに精通した議員が少ないことや、オリパラのレガシーをどのように都民がメリットとして受け取れるのかというご意見を、多数いただいているところです。

この大会が、夢や感動もさることながら、都民に現実的なメリットももたらすよう、例えば世界に発信する文化プログラムの充実展開、施設整備・交通整備に伴うウォーキングやサイクリングロードの整備などを提言していく所存です。

(2)東京パラリンピックの認知度向上に尽力します。

ハンディを持つ人たちもスポーツを楽しみ競技に参加できる。これは、人にはみな等しくスポーツに参加するチャンスやサポートがあるべきだ、それによって、人はハンディがあっても自分を活かせることに気づかせてくれます。
こうした意義あるパラリンピックをもっと社会に認知させるべく、都政で訴えると共に、関連施策を提言していきます。

(3)東京五輪経費透明化条例を支持します。

小池都知事の実績で、3つの都立施設の見直しにより約400億円の経費が削減されました。不透明な経費をガラス張りにし、都民が納得できる大会開催ができるよう、都政改革をベースにチェック強化をしてまいります。

個性のちがいを社会のちからに

一人一人の個性を活かせる、多様性と柔軟性をもつ社会に

スポーツの世界は、どんな人たちもそれぞれに合ったトレーニングや専門のサポートを得て、自分なりにスポーツを楽しむことができます。人がそれぞれの個性を活かし、自分なりに挑戦し楽しめるのです。
人がそれぞれの「個性を活かす」ことで、社会が多様性を持てる。それは社会の力です。個性のちがいを社会のちからに。多様性と柔軟性を実現するさまざまな試みの提案をしていきます。

<Do Action!Idea>

(1)心身に障がいを持つ方々が社会参加しながら楽しめる機会を提言します。

心身に障がいを持つ人は健常者とは違うとされていますが、私は、人は皆一人一人異なる個性を持っているだけだと思います。個性の異なる誰もが幸せを感じて暮らせる社会を作ることが政治の仕事です。心身に障がいを持つ方々にとって機会が少ない、暮らしに潤いを持てるレクリエーションやスポーツの機会を増やす施策を提言します。

(2)LGBTを受け入れる社会を実現します。

LGBT=レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーが社会に平等に位置づけるよう、積極的に差別撤廃を提言し、地域社会や企業に働きかけます。

(3)ちがいをすり合わせる議論ができる都政をめざします。

政治の世界は、何が問題なのかが曖昧なまま他者への批判が先行しています。問題解決への議論、そして行動が、都政改革には必要と考えます。議論をしてすり合わせ、解決策を見い出せる都政をめざします。

質の高い支援プログラムを

子どもの“自主性・創造性”・女性の“働きやすさ”・高齢者の“希望と生き甲斐”

今、教育や福祉には、より質の高いアクションプログラムが求められています。
この社会を継いでくれる子どもたちをどう育てるのかは、急務の課題です。子どもたちへの投資は明るい未来への投資です。子どもの自主性や創造性を伸ばし、自分で考え選択のできる子供を育てる教育プログラムこそ、真の子育て支援だと僕は思います。
たくさんの女性がもっと活躍できるような働き方改革も必須の課題です。本当は自分らしさをもっと発揮したいと願っている女性が自分に合った働き方ができる、多様な事業のあり方=ビジネスシーンづくりを支援することが大切だと考えます。
そして高齢者に必要なのは、人はいつまでも変わりなく社会のメンバーであると実感できる、決して一人ではない希望、日々を楽しめる生き甲斐の場づくりです。ハンディのある方もシニアの方も楽しめる市民スポーツプログラムづくり、活動プログラムづくりを、僕は実現させていきます。

<Do Action!Idea>

(1)保育園増園&定員増、女性の活躍支援、ライフ・ワークバランス対策をトータルで推進できるよう、関連施策を加速させます。

江東区には今、約300人近い待機児童がいると言われています。
「2019年末には都内の保育サービスを約7万人分定員増」を政策に掲げている都民ファーストの会と共に、待機児童問題に積極的に取り組む覚悟です。

小池都政の実績として、待機児童解消に向けて新年度予算を4割増しし、約400億円増、1,381億円となりました。
保育園が増えても、保育士がいない。それは賃金の安さや、仕事の過酷さが問題と言われています。小池都政では、保育士の待遇改善のために、保育士のキャリアアップ補助として、月4万4千円相当の賃金改善を実現させています。

子育て支援とは、実はいろいろな施策を一体として取り組むことで相乗効果が上がると私は考えています。
安心して子供を預けられる保育園の増園や、保育士を確保しての定員増によって、待機児童をなくすこと。子育てをしながら社会に出て活躍したい女性への就労支援。長時間労働から脱して子育てに参加したい人たち、特に男性の働き方を改革するワーク・ライフバランス対策。さらに若い世代に、子供を産みたい育てたいと考えてもらうための啓蒙、婚活支援など。

こうした取り組みのために、都庁では複数の部署が様々な少子化対策を行っていますが、これらの関連テーマを連動させ相乗効果を上げるべく、都政を通じて推進させていきます。

(2)教育格差をなくしていきます。

公立中学3年生では、年間約38万円の塾代がかかっていると言われており、世帯収入による教育格差が問題視されています。
小池都政では、私立高校授業料の実質無償化、給付型奨学金の創設、拡充を実現させました。
子供への投資は社会の投資です。全ての子どもに平等な教育機会が提供できるよう、格差をなくす政策を提言してまいります。

(3)時間外労働を減らすライフ・ワークバランス対策を提言します。

仕事と家庭の両立ができない、仕事か育児・介護かの二者択一を迫られるといった状況は、日本に幸せだと実感する人が少ない由縁ではないでしょうか。また日本には、もっともっと男性も家事や育児に参加できる社会環境づくりが必要だと感じます。

私も都議として、また経営者としても、働く人が仕事と家庭の両立ができる「働き方改革」を推進すべく、「TOKYO働き方改革宣言企業への支援」を支持してまいります。
さらに、働く人が労働時間帯や労働する場所を選べて、企業の生産性も上がっていく、事業のあり方改革・経営改革も提案したいと思います。

(4)QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高め健康寿命を伸ばすためのスポーツプログラムを提言します。

人と関わりながら体を動かすと、心も動き生きることに前向きになれます。健康寿命を延ばしてシニアが元気に暮らすには、シニア向けの健康増進プログラムや、それができる場も必要です。

企業にも、働く人が健康のためにスポーツに取り組むことを認知していただけるよう、東京都スポーツ推進企業の認定を推進してまいります。

プロフィール

1966年
京都府生まれ
1985年
同志社香里高校卒業
1989年
中央大学商学部卒業
1992年
日本体育大学体育学部卒業
1995年
日本体育大学大学院修了

トライアスロンで日本人最初に世界選手権を転戦し、1990年より18年間、プロトライアスリートとして活躍。

2008年、株式会社アスロニア設立、代表取締役。

スポーツナビゲーターとして、スポーツ番組での実況・解説、講演会も多数。著書「仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか(マガジンハウス刊)」など。

地域活性化につながるスポーツイベントプロデュース、トライアスロンの指導、キッズスポーツイベントで子ども達にスポーツの楽しさを指導するなど、スポーツで人生を楽しむライフスタイルを広める活動を続けている。

父は中・高・大学の教員、母方の祖父、母、弟も中・高教員。
父方曾祖父は大学総長や第1回京都教育委員会委員長を務めるなど、教育一家。

3児の父。妻とは2017年に銀婚式を迎えた。

【私の政界チャレンジ(インタビュー)】
https://tomin1st.jp/news/archives/525/

プロフィール

活動報告

応援メッセージ

たくさんの素晴らしい仲間が応援メッセージをくれました。ありがとうございます!
こうした言葉を励みに、どんな人も幸せ感を持てる、ちがいをちからに変える社会創りに邁進したいと思っています。引き続き応援よろしくお願いいたします。 白戸太朗

<経営者の皆さんから(順不同)>

稲本健一氏 株式会社ゼットン 代表取締役会長
エネルギーの塊、白戸太朗。彼に出会った人は必ず彼が放つポジティブなエネルギーに包まれ、いつしかそのエネルギーに飲み込まれて行く…世界を転戦しながらトライアスロンという競技で身に付けたフィジカルとマインドは強く熱い!健全な肉体には健全な精神が宿る…白戸太朗ほどこの言葉の似合う男を僕は知りません。太朗ガンバレ!
楠本修一郎氏 カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役
いつも周りを明るく、元気にしてくれる、太陽のような存在の白戸太朗さん。トライアスロンでは、常にみんなを照らし、励まし続けてくれています。また、被災地復興などの社会的テーマにも積極的に行動されるなど、いつもポジティブにものごとを捉え、常に前進する姿勢を体現し続けてきたその姿は僕らの憧れでもあります。アスリートとして、経営者としてのリーダーシップを、都政にも是非、発揮してください。
高島郁夫氏 株式会社Bals 代表取締役社長
最初に白戸太朗を見たのは雑誌「トライアスロンジャパン」の表紙だった。時のトライアスロン界のスーパースター。しかし、当時はまだまだマイナーなスポーツ。あれから約25年、今やこれ程の人気スポーツになったのも彼がいなければ成し得なかったはずだ。どれだけ多くの人が白戸太朗にチャレンジ精神と感動を与えられたことか。これからも彼の背中を追い、数多くのチャレンジャーが生まれ、大きなパワーになってゆくのだろう。
井上英明 パークコーポレーション 代表取締役
太朗ちゃんの、壁を前にしても怯まず突っ込む姿勢と粘り強さがあってこそ、日本のトライアスロン界がここまで盛り上がってきたと感謝しています!これから2020年に向け今度は日本のスポーツ界を盛り上げて下さい!
後藤玄利 JaQool株式会社 代表取締役/ケンコーコム株式会社 創業者
タロウさんは国内有数のトライアスリートであると同時に、優れた事業家でもあり、プロデューサーでもあります。10年ほど前、トライアスロンがごく一部のマニア向けの厳しいスポーツだった頃から、より多くの人も楽しめるようにと構想を練り、そのための組織を立ち上げ、数々の大会を企画・実施してきました。卓越した構想力を持ち、それを実現できる人です。
本田直之 レバレッジコンサルティング株式会社 代表取締役/作家
この話を聞いたときはちょっとびっくり、でもぴったりな仕事だなと。
トライアスリートとして鍛え上げられた精神と肉体で、どんな状況も常に前向きなものに変えていくパワーとパッション。
2020年東京オリンピックを世界に誇れるものにするにはタロウさんの力が必要です! 東京をよろしくお願いします!
石田淳 社団法人行動科学マネジメント研究所所長
トライアスロンでつちかった精神力、忍耐力、大会運営で養った交渉力、まとめる力を今度はぜひ政治で、教育や福祉に使ってください。応援しています。

<スポーツ界・アスリートの皆さんから(順不同)>

古田敦也 元プロ野球選手・野球解説者
白戸さんはトライアスリートであり経営者。いよいよ迫ってきた東京オリンピックや山積する様々な問題を豊富な経験と持ち前の行動力で正面からぶつかってくれるはずです。活躍を期待しています。
松下浩二 一般社団法人Tリーグ理事 元卓球日本代表
白戸さんは常に明るく前向き!これは物事を成し遂げるためにはとても大切なことだと思います。ゴールを設定して、トライアスロンで培った強靭な体力、精神力で、必ずフィニッシュができる男。それが白戸太朗という男だと思います。
青木宣篤 スズキMotoGP開発ライダー
スポーツをビジネスにする事がどんなに難しいか、選手を生業としてきた同じ境遇の私は痛切に感じる。トライアスロンというとても辛い競技をカッコよく見せてしまい、しかも「文化」として根付かせる。タロウさんが仕切ると何でも楽しそうに見えてしまうから不思議。オリンピックに向けてスポーツがより身近に楽しく。そんな都政にワクワクします!
浅田雅子 大学院同級生 元飛び込みオリンピック代表
「有言実行」この言葉がこれほどにもピッタリ当てはまる人。それがシラトタロウ。共に院生として学んでいる頃から、トライアスロンの第一人者として世界に向かって戦い続けてきた。それは今でも、そしてこれからも・・・。戦いの場は異なっても"本気で立ち向かう”"本気で取り組む"その姿勢は変わることはない!「Talk the talk and walk the walk!」

<文化人の皆さんから(順不同)>

杉山文野 LGBT活動家/フェンシング元日本代表
世界中を駆抜けてきた太朗さんと話をすると、僕もまだ見たことのない多様な景色に溢れていて、溢れんばかりのエネルギーが伝わってきて、思わず身体を動かしたくなります。彼が街中を駆抜ければ、Tokyoの温度が上がっていくのではないかとワクワクしています!
松嶋啓介 食人 /シェフ
トライアスロンを通して挑戦する事の大切さを多くの人に勇気を与えてくれる太朗さん。またスポーツを通して個人の健康、そして社会の健康、豊かさの定義を愛情を持って伝えてくれる太朗さん。
心身ともに、みんなのリーダーとしてやって来たこのこれまでの姿勢をもっと社会のために是非発揮して欲しいと思います。

<親愛なる友人の皆さんから(順不同)>

井上毅彦 同志社香里中高 同級生 食品メーカー勤務
常にチャレンジを続ける「挑戦力」。どんなハードルも苦にしない「鈍感力」。
ポジティブなオーラを放ちながら新たな分野を開拓する「行動力」。
初めて彼に会ったのは中学の入学式。学校では、常に体操着。
勉強は苦手でスポーツの表彰の常連。
当時の彼に会えるなら言ってみたい。「50歳のお前凄いことになってるぞ!」
GETTAMAN
ALOHA!親愛なる太朗!
太朗とは、トライアスロンという競技を通じて、25年のお付き合いをさせて頂いております。清廉潔白な性格で、人としての3つの格である、“性格、人格、才覚”の全てが揃う、とても素晴らしい男です。いつも前向きで、人を惹きつける、求心力、遠心力、そして、どんな逆境にも負けない挫けない力を持っていますので、必ずやスポーツの力で暮らしに夢と幸せがあふれる社会を実現させてくれることでしょう!
白戸太朗のご健闘を心からお祈りしています!!

後援会(ボランティア&ご寄付)

【都民ファーストの会 白戸太朗後援会は】

白戸太朗は、考え方や姿勢に共感する人と人とのつながりによる「しがらみのない政治・選挙」をめざしています。
そのような白戸太朗の「市民が求める社会を創る、市民主導の政治」「市民が求める政治家を市民が送り出す選挙」をサポートすることが、白戸太朗後援会事務所の目的です。トラアスロンを始めとする市民スポーツを楽しむ老若男女や、政治の世界や都政に新しい風を期待する市民が集まって、白戸太朗の活動を支えています。
ぜひ一緒に白戸太朗を応援していきましょう。
we will go!

会長:
御代川和寿
副会長:
高島郁夫(株式会社Bals代表取締役社長)
井上英明(パークコーポレーション代表取締役)

ボランティアメンバーを募集しています。

白戸太朗は、東京都江東区をベースに政治活動をしています。
江東区の皆さんに白戸太朗の考え方や姿勢を知っていただきながら、市民の皆さんの声を丁寧に伺い拾い上げ、政策・行政施策の提案に活かしていくことが、地元での政治活動になります。
白戸太朗を知っていただく活動など、みんなで盛り上がりながら楽しくやっています。

どこで何をやるかのご案内&参加表明は、facebookボランティアページ&イベントページを活用しています。(https://www.facebook.com/groups/1315443538574344/ FBグループページをご覧ください。)
まずは白戸太朗事務所にお問い合せください。

後援会のご入会&善意のご寄付をお願いいたします。

白戸太朗の政治活動や後援会の事務局運営のため、白戸太朗の考え方や姿勢に共感する、心ある方々の善意のご寄付をぜひお願いいたします。
公職選挙法により、個人の方から年間150万円までのご寄付をお受けできます。
寄付金は税控除の対象になります。

企業や団体、外国籍の方からのご寄付はお受けできません。
ご参照:http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/qa/qa-kifu/

「都民ファーストの会 白戸太朗後援会」は、政治団体・資金管理団体として東京都選挙管理委員会に届け出をしており、毎年、収支報告書を提出する義務があります。
お一人5万円以上のご寄付は、収支報告書に氏名・住所・ご寄付の金額が記載されますので、予めご了承ください。

後援会のご入会・後援会費について

白戸太朗のタウンミーティング・活動報告会や、後援会の集いのお知らせを差し上げます。

office@shiratotaro.comまで、「お名前・ご住所・お電話番号」をご連絡の上、後援会費をお振り込みください。
※いただきました個人情報は、白戸太朗後援会事務局で管理をし、白戸太朗の政治活動・後援会活動のお知らせ以外には使用しません。

【ボランティア・後援会ご入会・ご寄付のお問い合せ】

白戸太朗後援会事務所
office@shiratotaro.com
電話番号:03-5809-8150
〒135-0042 東京都江東区木場5-3-8内藤ビル301

【後援会費・ご寄付はこちらへ】

ゆうちょ銀行 ゼロイチハチ支店 普通預金 9421748
「都民ファーストの会 白戸太朗後援会事務所」

郵便局からお振り込みの場合
記号:10110 番号:94217481
「都民ファーストの会 白戸太朗後援会事務所」

PAGE TOP